バナー

過払い金請求を弁護士に依頼する場合

昔から貸金業者から借り入れをしている人には過払い金が発生している場合があります。


利息制限法を超えた金利で貸金業者から借りていた時、利息制限法で定められた金利を上回る分は、貸金業者に金利を払い過ぎていたとして貸金業者に払い戻しを請求することができます。



ただ貸金業者に払い過ぎた分の払い戻しを要求しても中々返してくれないので、過払い金請求は弁護士に依頼をして、払い過ぎた分を取り戻すことになります。

気になるMBSニュース情報サイトをご利用下さい。

それで弁護士に依頼する場合ですが、まず弁護士に相談をします。

自分に合った過払い金情報は信頼性が高く、好評です。

相談をすれば弁護士が貸金業者に借り入れていた期間の履歴を請求して、いくら過払い金が発生しているかを計算します。

そして計算して出た数字を貸金業者に返還を要求してくれます。この時弁護士に一任する手続きをして、すべてを弁護士に任せます。

後は弁護士から経過を報告してもらって、過払い金が返還されたなら弁護士を通じて返してもらいます。

ただ弁護士に依頼をすれば、弁護士に報酬を払う必要があります。

しかし報酬は取り返した過払い金から払いますから、こちらから1円も用意する必要が無いです。
ただ戻ってくる額が少ない場合は、弁護士も取り返しても依頼者にメリットが無いということで依頼を引き受けないようにしています。

報酬は弁護士によって成功報酬か固定の報酬といろいろ違ってくるので、弁護士に依頼をする場合は、まず報酬がいくらになるかを確認してみてから、依頼をしてみると良いです。